道産子アラサーゲーマーによるゲーム+αのブログ

【2018年発売】PS4/PSVR期待のおすすめソフトを厳選してご紹介!※随時追加

【2018年発売】PS4/PSVR期待のおすすめソフトを厳選してご紹介!

2017年はPS4にとって豊作な年でした。

バイオハザード7、ニーアオートマタ、ドラゴンクエスト11、アサシンクリード オリジンズ、COD WW2、ホライゾン等々・・・

去年のゲームも消化しきれてはいない状況ではありますが、ここで2018年発売予定の、個人的に期待度の高いタイトルを厳選してご紹介します!

「対象」
・PS4/PSVR(対応・専用含む)のソフト
・発売予定が2018年となっているものまで ※随時追記予定

モンスターハンター:ワールド

1月26日発売予定

ついに「モンスターハンター」シリーズの最新作がPS4に登場!

”新大陸”と呼ばれる未知の大陸を舞台に、環境を利用した新たな狩りのスタイルを体験することが出来ます。また、システム面もブラッシュアップされ遊びやすくなっていました。
今までのモンスターハンターとは違う、あらゆる面で進化したモンスターハンターです。

マルチ要素では、ソロプレイの途中からでも「救難信号」というシステムを利用すれば、他者に応援を求めることが出来ます。
やはりマルチプレイが楽しいゲームなので、こういった要素は非常に良いですね。

今作は、おそらく2018年最大のヒット作になるのではないかと期待しています。

ワンダと巨像

2月8日発売予定

様々な巨像との一騎打ちをしていく斬新であり洗練されたゲームとして、2005年にPS2で発売されて以来、国内外で高い評価を受けているタイトルが、PS4でフルリメイクとして登場します!

2011年にPS3でHDリマスター版が登場していますが、画質比較トレーラーを見てもわかるように、PS4のよりリッチな表現で描かれる「ワンダと巨像」は新たな命を宿したような迫力があります。さらにこれをPSVRの大画面でプレイしてみるというのも面白そうです。

私としてはPS2以来、13年振りになる「ワンダと巨像」が楽しみです!

METAL GEAR SURVIVE

2月21日発売予定

『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』のゲーム性、アクション性に「サバイバル」という要素を追加した新たな「メタルギア」の最新作。

コアなファン層は、メタルギアの最新作に思うところもあるかもしれませんが、1つのゲームとしてみればなかなか面白そうな作品となっています。

シングルプレイとCO-OPプレイがあり、拠点となるベースキャンプを発展・防衛しながら、ゾンビのような敵から拠点を守りつつ撃破していきます。シングルプレイではストーリーを楽しみながら、「CO-OP プレイ」要素を含めた METAL GEAR SURVIVE の基礎を学ぶことができるようです。

left4deadやCODのゾンビモードのような感じもしますが、今作は、拠点が荒野のような場所のため閉塞感なく広々と戦うことができ、武器も銃のほかに、槍・ハンマーなどの近接武器、あるいはロボット兵器などの多彩な攻撃手段があります。また、迎撃ユニットを自由に配置して行う防衛要素も非常に面白そうな内容の一つと感じました。

ちなみに、過去作との繋がりは薄いので、メタルギアシリーズをあまりやっていない人でも楽しめるかと思います。

Darkest Dungeon

2月22日発売予定
↑※英語版リリース時の公式トレーラー

今回発売されるのは、2016年1月にsteamで正式リリースされた本作の日本語版です。
ターン制のローグライクRPGで、「ストレス」がゲームシステムのテーマとなっています。

以下、日本語公式サイトより

※このゲームは、プレイすると確実にストレスが溜まります。 それにも関わらずSteamで英語版が150万本以上のセールスを記録してしまいました。ダーケストダンジョンをプレイしてストレスを溜めまくってしまったプレイヤーの皆様にこの場を借りてお詫び申し上げます。 なお、これから日本語版をプレイしようと思っていた方で、今後もストレスなく平穏に暮らしたいという方は決してお手に取らないようお願いいたします。

だそうです(笑)

だいぶ人を選ぶゲームな気がしますが、もしかしたら1日12時間プレイするほど中毒性のあるゲームなのではないかと期待しています。 (または逆の可能性もある!?笑)

ファークライ5

2018年3月29日発売予定

過去シリーズでは、孤島、ヒマラヤ山脈などを舞台に、その土地の支配者と戦ってきましたが、最新作では、アメリカのモンタナ州「ホープカウンティ」というのどかな地を舞台に、レジスタンスと共に町を脅かすカルト教団と戦うことになります。

アメリカの農場の雰囲気が好きな私としては、のんびり散策しながら銃をぶっ放すのが楽しみです。

犬を相棒に出来るのも某”good boy”ゲームみたいで良いですね!笑

Detroit Become Human

2018年上期発売予定

SIE期待の新規IP「Detroit Become Human」です。映画界ではアンドロイドを題材にした作品は多くあり、最近でも「ブレードランナー2049」が話題になりましたが、意外とゲーム業界では、アンドロイドをテーマした作品はあまりなかったですよね。

プレイヤー自身の行動・選択により変化するストーリーは、どこか自分が試されてるようなドキドキ感を味わえる気がします。

ところで、カーラはいくらで買えますか・・・?

レッド・デッド・リデンプション2

2018年春発売予定

広大なアメリカ中部の荒野を舞台に、強盗、闘争、盗みに明け暮れながら生きる無法者のアーサー・モーガン、そしてダッチギャングの物語が描かれます。

本作は、前作と比べて前の時代設定で描かれているので、今作がシリーズ初めてという方でも問題ないでしょう。

スカル アンド ボーンズ

2018年秋発売予定

海賊をテーマにした新規IPです。

まだ情報はほとんど出ていない状況ですが、PVを見る限り、人同士の戦いのみならず、クラーケンなどの怪物とも戦うことができるかも!?

いずれにしてもPVだけで即買い決定なやつです!

ANTHEM

2018年秋発売予定

上のインゲームトレーラーを見てわかるように、非常にクオリティの高いゲームなのがわかります。

最大4人までのCo-opプレイに対応しているそうですが、シングルプレイまたはオンラインの仕組みがまず気になるところです。

もしかしたら海外発売のみ?と心配しましたが、日本での発売が決まり一安心です。今後の追加情報に期待しましょう!

METRO EXODUS

2018年秋発売予定

ロシアの作家である”ディミトリー・グルホフスキー”の小説「Metro 2033」を原作としたサバイバルアクションFPSの最新作です。

前作、「メトロ2033」「メトロ ラストライト」に続き、今作も終末世界のロシアを舞台にサバイバルを行います。

今作は、蒸気機関車が一つの重要な要素になっており、これを利用してロシアの荒野を探索し、春、夏、秋から一年を通して冬までのストーリーを体験していくとのことです。

日本発売は現在アナウンスされてはいませんが、前作をスパイク・チュンソフトさんがローカライズしてくれたので今作もやってくれると思います。(・・・・お願いします!

キングダム ハーツIII

2018年発売予定

果たしてちゃんと今年に発売するのでしょうか?笑

正直、シリーズの時系列や記憶もだいぶ怪しいですが、発売日さえアナウンスされれば、また盛り上がっていくんでしょうね。話の復習も出来ますしね。

あと、個人的に「アナと雪の女王」のワールドがサプライズ発表されないか密かに期待しています。

Days Gone

2018年発売予定

海外ドラマ「ウォーキングデッド」のような文明が崩壊した世界で、フリーカーと呼ばれる敵と戦いながら、サバイバルをしていくゲームです。

PlayStation Experience 2017で、トークショーに参加した”50代男性”ことSIEWWプレジデントの”吉田修平氏”が、本作が2018年に発売することを明言しています。

未だ情報が少ない作品ではありますが、PVを見る限り、世界観は大好物ですので続報に注目したいところです!

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-

2018年発売予定

元々、2011年春にPS3用ソフトとして『絶体絶命都市4 -Summer Memories-』の発売が予定されていましたが、社内事情により開発が中止されていました。
そして、2015年11月24日にはタイトルを『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』と一部変更し、PS4用にリメイクして発売することが発表されました。

2017年11月16日には、神戸市消防局とのタイアップを発表し、実際の災害事例を取り入れることで、ゲームではあれど災害マニュアルとしてのリアルな作品になるとのことです。

また、本作はPSVR対応も発表されており、どういった体験が出来るのかも期待するところです。

発売時期は、公式ウェブサイト上では「2018年未定」となっていますが、先程のような開発に関わるタイアップを発表したのが2017年11月のことなので、良くて2018年末の発売か、または来年以降ということになるのではと予想します。

いずれにしても今作を待っているユーザーは多いと思いますので、開発を応援しつつ、気長に待ちたいところです。

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

2018年発売予定

シリーズ最新作の今作では、コンテンツの一部がPSVRに対応することが発表されており、視点を自由に動かして敵機を補足したり、本物の戦闘機に乗っているかのような体験を味わうことができるようです。

私がそうなんですが、シリーズ未体験の方でも、PSVRでの戦闘機体験は非常に興味がありますし、他のFPSで戦闘機を操作するシーンを経験しているので、改めて「エースコンバット」の最新作を楽しみたいと思う作品です。

CODE VEIN

2018年発売予定

ジャンルは「ドラマティック探索アクションRPG」

率直な印象は「中二的ヴィジュアルのダークソウル/LET IT DIE」です(笑)

今作は、パートナーとなる”バディ”と一緒に行動できるとのことなので、探索系のゲームでは結構うれしい要素です。上記にあげた探索アクションとしての面白さに加え、今作の派手めな演出・ストーリーの絡みが楽しみなポイントです。

Bravo Team (VR専用)

2018年発売予定

NPCまたはフレンドとパートナーを組み、2人1組でステージを進めていくシューティングです。臨場感ある戦場体験に期待です。

FarPointくらいでしか輝いていなかった、シューティングコントローラーでのプレイも良さそうですね。

The Inpatient -闇の病棟- (VR専用)

1月25日発売予定

当初、2017年11月22日の発売予定から2か月延期となった今作は、「Until Dawn -惨劇の山荘-」や「Until Dawn:Rush of Blood」を手掛けたスーパーマッシブ・ゲームズが贈る新作VRホラーアドベンチャーです。

プレイヤーは、”ブラックウッド療養所”で記憶を無くしたまま目覚めた主人公となり、手遅れになる前に自分自身が何者なのか、なぜこの場所にいるのかを突き止める必要があります。真実に辿り着けるのか?登場キャラクターの誰が生き延びるのか?プレイヤーの選択次第でストーリーは分岐し、まったく異なるエンディングが待ち受けています。

VRのホラーゲームは本当に怖いのですが、やはり好奇心のほうが強いですね(笑)

果たして最後までプレイできるのか・・・