道産子アラサーゲーマーによるゲーム+αのブログ

中毒性があり笑える『どうぶつタワーバトル』をレビュー【スマホゲーム】

どうぶつタワーバトル

突然ですが、どうぶつやってますか?

え?どうぶつ達と楽しくキャンプ場で触れ合う方のではありません。

リアルな動物を積み上げて競い合う「どうぶつタワーバトル」の方です!

という事で今回は、iOS/Android両対応のスマホゲーム「どうぶつタワーバトル」をご紹介いたします!

「どうぶつタワーバトル」は、2017年3月31日に配信が開始し、徐々に人気を上げていき、ついにはあの「どうぶつの森」を抜きAppランキングで1位になりました。

実際に、インストールして遊んでみるとこれがまた面白い(笑)
非常に中毒性があるので、インストールしてそのまま一気に100試合もプレイしていました。

レート成績

勝っても負けても笑えるシュールで熱いバトル

ゲーム画面

ルールと操作はいたってシンプルです。

・空中にサイ・トラ・パンダ・キリン・ゾウなどのリアルな動物が出現します。その動物を回転させたり落とす位置を決めて、地面に落としていきます。
・これをリアルタイムでプレイヤーが交互に行っていきます。
・地面に落ちた動物たちは物理演算処理により、積み重なったり、衝突によりバランスが変わったりします。
・これにより、自分のターンでどれか1体でも場外に落としてしまったら負けとなります。

動物の形状が様々なので、その積み重なり方やバランスが崩れてゆっくりと崩壊していく絵面がなんともシュールで笑ってしまいます(笑)

お互い好プレーで、高く積み重なったときなんかはドキドキです。

速攻場外に落ちるときもあるし、バトルが白熱し高く積み上げていったとしても、1試合数秒~数分で終わるのでサクサク遊ぶことが出来ます。

※ちなみにフレンド対戦も可能ですが、iOSとAndroidではフレンド対戦ができないので注意しましょう

ちょっとしたコツ

  • カバ・トラは2回転で縦置きが出来ます
  • トラを縦置きしている様子
  • 崖にどうぶつがひっかかることがあります。正攻法では負けると思ったときに、地面際を狙ってみるのも面白いでしょう
  • 崖にキリンが引っ掛かってる様子
  • 回転させる前に動物をタップしてしまったら、もう片方の手で回転ボタンを押しましょう
  • 主に2段目以降、ひっくり返して足を上向きにすることで、相手が足に絡んでテコのように場外へ落ちてくれることがあります
  • 直接落としたい場所にうまく落とせないと判断したときは、他の動物に当ててワンクッションさせる感覚を意識しましょう(主に終盤で手詰まり感があるとき)
  • 比重を意識しましょう(角が生えている頭の方が重いなど)
  • 尻尾に気を付けましょう。これを考慮しないと不意に弾かれることもあります

レーティングを見てみよう

成績となる指標は、「レート」「連勝」「勝利数(1日)」「勝利数(累計)」「ひよこ」と5種類あります。

好みにもよりますが、単なるプレイ時間の多い少ないに拠らない「レート」を見るのが一番しっくりくる強さの指標でしょう。
ちなみに、2017年12月15日の段階では、レートランキングの全プレイヤーは904,882人でした。

いやー、すごいですね!(笑)

まとめ

開発者に”Yuta Yabuzaki”とあるので、このゲームはおそらく個人で開発されたんでしょうね。
スマホーゲームは如何に市場に埋もれてしまわないようにするかが重要と言われてる中で、Appランキングで堂々の1位を獲得したことはすごいの一言です。

高品質で高機能なスマホゲームは、システムの理解が面倒で数分で飽きてしまう事もあるのですが、この「どうぶつタワーバトル」のようにシンプルで中毒性のあるゲームは、スマホゲームとして非常に好みのゲームでした。

まだプレイしたことない人は是非遊んでみてください!